4畳半劇場

その日のなんでもない出来事やネットで稼いだお小遣いの成果報告、身の回りのパソコン情報などについて書いています

サイトの移転

先ほどこのブログで紹介しているサイト「パソコンをテレビで見る」を移転しました。タイトルはそのままで、URLが http://tvdepc.com/ に変わりました。
初めて独自ドメイン(URL)を取得してサイトを作りました。
まずドメインの取得にお金がかかることを知りませんでした。
ドメインサイトによって違いますが、僕の場合FC2で取得して、798円でした。
ドメインの最後に付く「.com」「.net」「.jp」などのなかから選ぶことができて、僕は一番安い「.com」を選びました。「.jp」になると3000円以上します。
この「.com」の前に自分の好きな文字を付けるのですが、この時、先に取得されてしまっている文字は選べませんが、僕の場合たまたま使いたかった「tvdepc」の先客がいなかったので直ぐに選ぶことができました。
それとホームページを置くサーバーも今まで無料のものしか使ったことが無かったのですが、これも初めて有料のものを借りました。ロリポップという名前のサーバーですがこれは業界でもかなりの安いサーバーで有名です。
とりあえず一月分の料金と、初期費用合わせて、3500円くらいです。まだ払っていませんが、お試し期間が10日あるので終わる前に料金を払います。
このサーバーに取得したドメインを置くのにも「ネームサーバー」とかいうのがあって、結構わかりずらい手続きがありましたが、なんとか無事置くことができました。

やっと一人前のサイト管理者になったという感じです。
パソコンをテレビで見たい方は来て見てください。
パソコンをテレビで見る

月額263円からのレンタルサーバー!ロリポップ!
ロリポップ!なら月々263円から
3つのブログ、オンラインショップ、ウェブメーラーがついてくる!!



木嶋佳苗の真実

テレビでパソコンを見る7 D端子ビデオカード

今回はPCからテレビや録画機器のコンポーネント、D端子入力に接続することができるビデオカード(グラフィックボード)の紹介です。

その前に「コンポーネント」についての説明です。
コンポーネントとはコンポジット(RCA、ピンケーブルという言い方もします)型の端子を3本1組で映像信号を送る端子で、ハイビジョンなどの高画質な映像信号を送ることができます。このコンポーネントはアダプターを使ってD端子へ変換することができます。

ここから本題です。
このビデオカードのS端子出力(TV−OUT)にコンポーネント端子に変換するアダプターを接続し、そのままテレビや録画機器のコンポーネント入力に接続するか、さらにD端子に変換するアダプターを使用して、D端子入力に接続することができます。S端子からコンポーネント変換するアダプターはほとんど場合付属で付いていますが、コンポーネントからD端子変換アダプターは付いていません。

画像クリックで製品説明ページへ
コンポーネント⇒D端子変換アダプター

その他はこちらから



このビデオカードのS端子出力はHDTV対応つまりハイビジョン対応の出力となっています。もちろん他のビデオカードと同じようにS端子またはコンポジットに接続もできます。



画像クリックで製品説明ページへ
PCI−Express
玄人志向 GF7200GS-LE128H
玄人志向 GF7200GS-LE128H


画像クリックで製品説明ページへ
AGP
BUFFALO GX-6200/A128D
BUFFALO GX-6200/A128D


画像クリックで製品説明ページへ
PCI

バッファロー
 DirectX9.0対応グラフィックボード
(PCI&Low Profile PCI用)
【税込】 GX-6200/P1...




その他はこちらから
※コンポーネント以外のビデオカードが混ざっていることがあるので良くご確認ください。



前回のテレビでパソコンを見るではHDMI端子付きのビデオカードでPCIスロットが見当たらないと書きましたが、コンポーネントの場合は少ないですがPCIがあります。テレビや録画機器にHDMIは無いけどD端子かコンポーネント端子ならあるという方はこういう接続方法もあるので参考にしてください。
※家電メーカーのPCは純正以外のカードがちゃんと動作しないことがあります。

木嶋佳苗の真実

テレビでパソコンを見る6 HDMIビデオカード

テレビでパソコンを見る第6弾です。

今回はHDMI出力とHDMI入力の接続で見るパターンです。

最近のテレビにはほとんどHDMI入力が付いています。
HDMIとはHigh-Definition Multimedia Interfaceの略で高い(Hight)解像度(Definition)の映像音声などの(Multimedia)信号を送受信できる入出力端子(Interface)という意味だそうです。要するにハイビジョン端子です。そして現在の市販のテレビや録画機器では最高の画質で見れ接続方法です。
なのでPC側にHDMI出力さえ付いていれば簡単に、そして今まで紹介してきた接続方法の中で1番最高の画質でテレビでパソコン画面を見れるというわけです。


このHDMI出力を装備したビデオカードが最近はかなりの数の機種が販売されています。
値段も5千円台くらいからのものが在ります。

HDMI出力付きビデオカード

画像クリックで製品説明ページへ

★その他はこちらから


接続方法はHDMIケーブルを使ってHDMI入力付きのテレビや録画機器と接続するだけです。
HDMIは他の接続方法と違い音声信号も一緒に送ることが出来るので、音声ケーブルを別につなぐ必要もないので楽です。
まさに現在のテレビでパソコンを見る方法の中で最高の接続方法というわけです。

スロットタイプ(ビデオカードとPCの接続タイプ。AGP、PCI、PCI-Express)がPCI-Expressが主で他のスロットはかなり少ないようです。


しかしそもそもこのブログを呼んでいる方の中には電機メーカーの出来上がったPC(自作ではないPC)を使っている方が多いのではないでしょうか。
そういう場合は後からビデオカードを別の物と付け替えるとPCとの相性でちゃんと動作しないことがあります。
なのでこの接続方法の紹介はあくまでも「念のためこういう方法もありますよ」という感じでの紹介です。

テレビでパソコン画面を最高の画質で見たい方はHDMI出力つきのPCを買うか、自作PCに挑戦してHDMI出力の付いたビデオカードを使ってみてはどうでしょうか。



木嶋佳苗の真実

テレビでパソコンを見る 5  D-sub DVI入力テレビ

テレビでパソコンを見る第5弾です。

今回はD-subやDVI入力のあるテレビを探してみました。
この入力さえあれば一番楽にテレビでパソコンを見れます。
テレビの数があまりにも多いので、今回は液晶とプラズマの最新の人気機種だけを調べることにしました。


調べてみたところ、最新の人気機種のテレビにはたいがいミニD-sub15ピン入力が備わっていることがわかりました。

調べたのはシャープ・アクオス、ソニー・ブラビア、パナソニック・ビエラ、東芝・レグザ、ビクター・エグゼ、パイオニア・クロです。



液晶テレビ

画像クリックで製品説明ページへ

その他の液晶テレビはこちらか

プラズマテレビはこちら


これらのブランドの液晶、プラズマテレビの大部分のモデルにミニD-sub15ピン入力が装備されていました。

しかしDVI入力に関しては、シャープ・アクオスのモデルによって付いているという程度で、それ以外のメーカーのテレビにはDVI入力は全く見当たりませんでした。


でもD-sub出力がなくてDVI出力だけがあるパソコンというのはまだ少ないと思います。
その逆でD-subしかないPCを持っている方は多いと思います。
なので最新の人気モデルのテレビを買う際は、D-sub15ピンが付いているものを探せばほぼ問題なくテレビでパソコンを見ることが出来るということです。

それと大体の最新のテレビにはHDMI入力が付いているので、「テレビでパソコンを見る 4」で紹介したDVI-DからHDMIに変換するアダプターを使って接続して見ることも出来ます。
木嶋佳苗の真実

テレビでパソコンを見る4  D、HDMI編

テレビでパソコン第四弾です。
今回は前回紹介したPCのDVI、D−Sub(VGA、RGB)出力からテレビや録画機器のHDMIやD端子入力に接続するケーブル、アダプターの紹介です。
しかし物凄く限定されてしまいますので期待しないでください。

ではDVIからHDMIに接続する方法ですが、これには以下のような製品が見つかりました。これに関しては問題なく接続出来ます。



DVI→HDMI変換アダプター

画像クリックで製品説明ページへ


★その他はこちらから



このアダプターはDVIからHDMIだけでなくその反対にHDMIからDVIに変換することも出来ます。詳しくは製品の説明ページで確認してください。

次にD−subからHDMI端子に変換するアダプターですが、これは残念ながらアダプターやケーブルだけでの接続は出来ません。数は少ないようですがD−subからHDMIに変換するコンバータならあります。しかしそれも数万円とかなり高価です。


最後にDVIとD−subからD端子に変換するアダプターですが、これもかなり限定されてしまいます。これはカノープスのMTVGAシリーズと言うビデオカードに付属品として付いていた物です。こちらを参照

この付属品はDVIかD−subからコンポーネントに変換出来ます。コンポーネントとはコンポジット(RCAやピンケーブルという言い方もします)型の端子を3本1組でハイビジョン映像信号を送ることが出来るもので、専用のアダプターでD端子へ変換することも出来ます。
なのでこの付属のアダプターを使用するとDVIかD−subからコンポーネント、さらにはD端子へ接続出来るということです。このアダプターは一時期単品で売られていたそうです。

しかしこのアダプターは付属元のビデオカードしかサポートしていない上に、現在は単品では見当たりません。これを使用したい場合、オークションなどでMTVGAシリーズのビデオカードごと購入するしかありません。
今ならYahooオークションで売られています。ヤフオクのトップページの検索窓に「MTVGA」と入力して検索すると数個出てきます。(無い時もあります)


以上が散々探したDVIとD−subからHDMI、D端子に接続する方法です。
木嶋佳苗の真実

テレビでパソコンを見る3 接続出来ないパターン

テレビでパソコンを見る第3段です。

最初(12月21日)の記事ではPC側のS端子出力からピンケーブル(RCA)入力に簡単なケーブル接続だけで接続する方法を紹介しました。

今回は逆に簡単なケーブル接続だけではパソコンをテレビや録画機器に接続出来ない場合のパターンを紹介します。

PCにD-Sub(RGB)かDVI出力しかなく、しかもピンケーブルやS端子入力しか無いテレビや録画機器をお持ちの方の場合です。
 *これはあくまでも僕自身がネットで知らべた検索結果です。

ビデオカード(グラフィックボード)がオンボード(マザーボードの中に直接付いている)のPCや、もしくは古いPCの中には、D-Sub出力しか付いていないか、D-SubとDVI出力だけしか付いていなくて、S出力が付いていない場合があります。僕も普段使っているPC(Dell Optiprex GX50)はオンボードなので、S出力が付いていません。(12月21日の記事のPCは兄が使っていないPCをテレビで見る用に借りた物です)




こういうPCをお持ちで、なおかつピンケーブルかS端子入力しかないテレビや録画機器しか持っていない方は、PCからはケーブル接続だけではテレビや録画機器には接続出来ないということです。


散々検索しましたが、D-SubやDVI端子出力からは、DかHDMIという端子に接続するケーブルしか見つからず、そこからピンケーブルやS端子に接続するケーブルがいくら探しても見つかりませんでした。
難しいことはわかりませんが、あるサイトによると技術的に全く違う物なのでケーブルだけでは変換することが出来ないそうです。





結局こういう場合にPCをテレビで見るには以下の3つの方法しか見つかりませんでした。

1: 前回紹介したダウンスキャンコンバーターを購入して接続する。

2: S端子出力付きのビデオカード(グラフィックボード)を買って12月21日の記事のように接続するか、S端子ケーブルを使ってS入力へ直接接続する。

3: D端子やHDMI端子という入力が付いているテレビや録画機器を購入する

です。
一番安上がりなのはダウンスキャンコンバーターで次がビデオカード次がテレビです。
ビデオカードも4000円弱ぐらいからありますがPCによって合う合わないがあります。
テレビは数万円から数十万円です。



★その他はこちらから

木嶋佳苗の真実

テレビでパソコンを見る 2 ダウンスキャンコンバーター

12月21日の記事で「テレビでパソコンを見る」というタイトルでパソコンのS端子出力からテレビやビデオのピンプラグ入力につないでPCの画面を見る方法を紹介しました。
そうしたところ検索エンジンから毎日のようにこの記事にアクセスしていただいています。
僕と同様にテレビでパソコン画面を見たり、パソコン画面をビデオに録画したい方が結構いることがわかりました。

なので好評に付き他の接続方法も紹介したいと思います。

前回は変換ケーブルを使っての接続方法でしたが、今回は変換装置を使ってPC画面をテレビやビデオで見る方法を紹介します。

ダウンスキャンコンバーター
という装置を使って見る方法です。


ダウンスキャンコンバータ

画像クリックで製品説明ページへ

★その他はこちらから



この装置は大体どのショップでも普通に市販されている物です。

これはPCの映像信号をテレビやビデオで見れる信号に変換してくれる装置で、ほとんどの場合D−Sub出力からテレビやビデオで見れるように変換してくれます。
(数は少ないですがS出力やDVI出力からも変換できる物もあります)






動画だけを見れるというたぐいの物ではなく、テレビをPCモニターとして使える装置です。
そしてテレビや録画機器へはほとんどの場合ピンプラグやS端子でつなぐことが出来るので古めのテレビや録画機器でもちゃんと接続できます。
それにミニD−sub15ピン出力も付いているのでPCモニターにつなぐことも出来ます。

PCからケーブルをスキャンコンバーターにつなぎ、コンバーターからテレビやビデオ、PCモニターにケーブルをつなぐだけです。




ケーブルは付属で付いていることが多いです。
画質の補正や、ズーム機能などが付いていまず。



木嶋佳苗の真実

テレビでパソコンを見る

昨日の記事でAmazonでSDカードを買ったと書きましたが、
ついでにパソコンをテレビで見るための端子も買いました。


玄人志向というPCパーツのメーカーのS端子を普通のピンプラグにつなぐための変換端子です。
473円でした。


S端子側
ピンプラグ側
ピンプラグ映像端子




これをPC裏側にあるビデオカードのS端子につなぎ、

そこにピンプラグの映像端子をつなげば、一般のテレビやビデオデッキにつないで見たり録画したりできます。
音声はPCのスピーカーやヘッドフォンの音声端子から引いてください。

一般のテレビはPCモニターより画質がいいので、Gyaoとかの動画サイトの動画をテレビで見ると一味違いますよ。
それにビデオに録画も出来ます。

S端子の付いていないテレビやデッキしか持っていなし方にはお勧めです。



S端子→コンポジット(RCA、ピンケーブル)
変換アダプター

S端子⇔コンポジットの変換探してる人多いです。
nVIDIA対応【危険!】【パソコンを知り尽くした...

※別にコンポジット(RCA)ケーブルが必要です


★その他はこちらから



木嶋佳苗の真実

 | HOME | 

プロフィール

west123

Author:west123
年齢: ?
性別: 男
出身: 埼玉県
趣味: 以前はヘラブナとバス釣りをやっていたが最近はやらず
使用パソコン: DELL OptiprexGX50
使用カメラ: KFE EXEMODE DC570(デジカメ)


カテゴリー


最近のエントリー


最近のコメント


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近のトラックバック


月別アーカイブ


リンク


検索フォーム


RSSリンク


PoweredBy

Powered By DTIブログ


DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

スポンサー

アダプター・ケーブルメーカー


サンワサプライ直営 【サンワダイレクト】

アダプター・ケーブル・ダウンスキャンコンバータメーカー


ダウンスキャンコンバータ・ビデオカードメーカー


ioPLAZA【アイ・オー・データ直販サイト】120*60

PCメーカー

Apple Store(Japan)
レノボ-Web広告限定ストア


家電メーカー




NEC Direct ・NECダイレクト
Sony Style(ソニースタイル)
エプソンダイレクト株式会社
富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ショッピングサイト


PCショップ


Faith(フェイスインターネットショップ)

PC Parts Specialty Store T・ZONE PC DIY Shop



PCDEPOT WEB本店/OZZIO


ホームページ


ホームページ版テレビでパソコンを見るはこちらから


テレビでパソコンを見る製品

S端子→コンポジット(RCA、ピンケーブル)変換アダプター

S端子⇔コンポジットの変換探してる人多いです。
nVIDIA対応【危険!】【パソコンを知り尽くした...

※別にコンポジット(RCA)ケーブルが必要


S端子⇔コンポジットの変換探してる人多いです。
nVIDIA対応SC-HENKAN SC-HENKAN

※別にコンポジット(RCA)ケーブルが必要

S端子をコンポジットに変換するプラグ
10cmValueWave S-VA13

※別にコンポジット(RCA)ケーブルが必要

DVSY01 RCA変換ケーブル S端子オス:RCAメス 0.2m
※別にコンポジット(RCA)ケーブルが必要

【R】S端子変換ケーブル S映像端子メス-RCAピンジャック
※別にS端子ケーブルとコンポジット(RCA)ケーブルが必要
★その他はこちらから

ダウンスキャンコンバータ

パソコンの画面を大画面テレビでみることが
できるダウンスキャンコンバータです。AV-DSC1 ダウ...

高画質再生が可能なPC-TVコンバータ!
バッファロー SC-1 PC-TVコンバータ P Cast/ピーキャスト

PCゲームが大画面TVでキレイに楽しめる!
I・O DATA TVC-XGA2 UXGA対応 テレビコンバータ(ダウ...

XMOV-2D1出力対応!USB電源供給タイプの
モバイル型ダウンスキャンコンバータ・ユニットマイコン...

バッファロー PC-TVスキャンコンバータ(D4出力対応)
【税込】 SC-D4 [SCD4]

【在庫あり】【送料無料】[IODATA]D4出力対応
ダウンスキャンコンバーター(TVC-D4)

XPC-3XGA解像度対応のコンパクトなビデオスキャンコンバータ・
ユニットマイコンソフト(電波新聞...
★その他はこちらから

DVI→HDMI変換アダプター

HDMIケーブルをDVIに変換するアダプタ
PL-DVHDAD-SP DVI to HDMI変換アダプタ PL-DVHDAD-SP

Radeon HD 2000シリーズ対応DVI-HDMI変換コネクタ。
大画面で動画を楽しみたい方に。【危険!】...
【R】HDMI19ピンメス- DVI-D18ピンオス変換アダプタ
★その他はこちらから

同じようなアダプターばかりですが、パソコン側に接続するタイプとテレビ・録画機器側に接続するタイプがあります。


スポンサー


スポンサー